セイコーアストロン

セイコーアストロン

2014年1月、カサブランカに新たに加わったGPSソーラーウオッチ“セイコーアストロン”。 世界中の全タイムゾーンに対応し、地球上のどこにいても常に10万年に1秒の誤差という「究極の精度」を維持し続ける世界初にして唯一の時計です。 その名の由来は、セイコーが1969年に生み出した世界初のクォーツ腕時計クオーツアストロン。 この歴史的名機の名をそのままに受け継いだのは、このソーラー式GPSがクォーツと同様に腕時計の歴史に新たな革命をもたらすであろうという確信が込められているからです。 既存の腕時計の概念を覆し、新たな腕時計のスタンダードを目指す“セイコーアストロン”。 日本が世界に誇る最先端の技術を是非ご体感ください。