パテック フィリップに夢中

パテック フィリップ正規取扱店「カサブランカ奈良」のブランド紹介ブログ

パテック フィリップ正史要約その1-創業者編

例年の事ながら、この時期はブログ端境期でネタ不足に悩まされる。そろそろ入荷し始めるはずの新製品が次々来てくれれば、実機編として紹介できるのだけれど・・
そんな中でやってきたのが2年前にご紹介したPATEK PHILIPPE THE AUTHORIZED BIOGRAPHY」日本語タイトル「パテック フィリップ正史」の日本語翻訳版。 544ページに及ぶ長編なので、さすがに英語版は多数掲載されている写真等を眺めているしかなかった。日本語訳に関してはパテックオーナーの楽しみである「パテック フィリップ・インターナショナルマガジン」をずっと翻訳されているジュネーブ在住の小金井良夫氏の訳文をベースに、PPJ(パテック フィリップ ジャパン)のスタッフが1年以上かかって手を入れた力作と聞いた。原作はロンドン在住で芸術をテーマに幅広く執筆をされているニコラス・フォークス氏。インターナショナルマガジンの時計関連記事の常連執筆者でもある。2011年にスイス・パテック社から執筆打診を受け、5年の歳月を費やして2016年にイギリスで初版が発行された。
3日ほど掛けてザっと読破したが、とても一度では収められないメモリー&CPUの初老脳ミソなので、内容的にブログに向かないのを敢えて承知で何度かに分けてあらすじを紹介する事にした次第。ほぼ自分自身の為の備忘録用である。
尚、当店初め各正規店経由でのご購入も可能なので、ネタバレ御免の方は本稿は飛ばしていただきたい。2019年9月現在の書籍価格は税別24,200円、現在在庫切れ入荷待ち。
まず最初に創業年1839年から2015年10月までの約175年に及ぶブランドの歴史を、自分なりザックリと整理してみた。まずは現経営ファミリーのスターン家による1932年からの経営権移行を最大の節目としてその前と後に分けたい。そしてその前半期は創業者の一人であるジャン・アドリアン・フィリップの死亡した1894年以前の創業とブランド確立期とそれ以降に分けたい。後半期のスターンファミリー時代はその時々の経営状況や時計業界の推移で分けるよりも経営の主軸を担ってきたファミリーの4世代の主役時代で分割出来そうだ。

で、初回は1800年代初頭からの約100年弱を足早に辿ってみたい。創業期はとても大事なのだろうけれど、時代が古すぎるし、ほぼ馴染の無いナポレオン時代の東ヨーロッパが舞台であり、ほぼ懐中時計全盛期なので正直なところ半眼になってコックリする事、半端では無かった。
創業者の一人アントワーヌ・ノルベール・ド・パテック(1812年、ポーランドにて誕生、本名アントニ・パテック・プラヴヅツから1843年頃ジュネーブで改名)は、皇帝ナポレオン率いるフランスが攻め込んだ超大国ロシアに翻弄されたポーランドの独立の為に、若き日には革命に身を投じる軍人であった。しかし1831年にポーランド革命は頓挫し、祖国を追われるようにパテックは19歳で亡命を余儀なくされた。
一時期フランスで植字工を経験し、1835年にはスイス・ジュネーブ州レマン湖岸の村で絵画を学ぶ内に、近隣のジュネーブ市の中心商業である時計産業に興味を持つようになった。彼はジュネーブ市に於いてポーランド人社会での交友関係を通じて20個の時計を販売する事からビジネスをスタートさせた。1839年5月1日にやはり東欧からの移民であり時計の製作技能を持つフランソワ・チャペック(チェコ・ボヘミア生まれで後にポーランドに帰化)と共同で小さな時計事業をジュネーブ市内のベルグ河岸29番地(ローヌ河北岸)でパテック、チャペック社をスタートさせた。同年7月にはチャペックの紹介で伴侶を得たパテックは、ポーランド人社会を基盤に徐々にビジネスを発展させる。しかし時計製作を担当していたチャペックの浪費癖等の理由から両者の関係が悪化し、1845年には6年間の契約期間満了を持って二人は決別した。
相前後して、将来の市場拡大の為に1844年12月、パテックはパリの工業製品見本市であるパリ産業博覧会に出展した。この際に当時画期的な発明として産業博覧会の銅賞を受賞した「鍵なし巻上げ機構」を考案した時計師ジャン・アドリアン・フィリップの存在を知る。フィリップは1815年にフランス人時計製作者の息子として生まれ、父から時計製作の手ほどきを受けたのち単身ロンドンで修行を積んだ。帰国後は政府認可のマニュファクチュール工房を、ベルサイユに開設して時計製作をしていた。
patek&phillppe_b.png
チャペックと決別した1845年、パテックはパリでフィリップと共同経営契約の交渉を開始し、ベルグ河岸15番地に新しいパテック社を設立した。同じ年にフィリップは「鍵なし、リューズ巻上げ・時刻合わせ機構の特許」を登録した。
尚、馬の合わなかった最初のパートナーのチャペックとジャン・アドリアン・フィリップは共に時計師であったが、両者には決定的な違いがあったようだ。チャペックは「ルパサージュ」と呼ばれる購入エボーシュ(ムーブメント)に仕上げと精度向上のみを施す職人的時計師であったのに対し、フィリップはムーブメントを設計し製作する創造的時計師であり、常に最新の技術動向を追い求め、技術革新への情熱を持っていた様である。1850年にパテック社は自社に工作機械を導入し、エボーシュの製作を開始している。
この1840年代後半の記述は、大層に難しく書き辛いのである。1848年にフランスで始まったヨーロッパで吹き荒れた革命の嵐、その経済的混乱に伴う創業間もないパテック社の経営危機、それでも革命の余波によるポーランド独立を願って止まないパテックの背反する想い。パテック氏の性格と言うのは中々興味深い。経営者に必須の先見の明はある。同時に自己顕示欲も強かったようで、新しいパートナーのフィリップ氏ともその点で結構ギクシャクしたところが有ったようだ。ともあれ1851年1月には社名が「パテック、フィリップ社」へと変更された。
1851年のロンドン・ハイドパークで開催された世界初の万博(6ヶ月、600万人集客)に出展したパテックは決定的大成功を収めた。その象徴はヴィクトリア女王と夫君で万国博覧会自体を発案したアルバート公によるパテック フィリップ製懐中時計購入であり、博覧会からパテックには金メダルが贈呈された。結果的に画期的なマーケティング手法となった博覧会事業への参加・出展は今現在でも継続されている経営方針となっている。
img20190914_18505851.png

img20190914_18354958.png
ロンドン万博の成功からスタートした1850年代は、パテック フィリップにとって順調に事業が拡大した。1853年には8年で手狭になったベルグ河岸15番からローヌ河対岸南側のグラン河岸に位置するローヌ通り168番地(現在は本店ブティックであるジュネーブ・サロン)に工房を移転した。しかしパテック フィリップ社は好調であったが、1850年代もヨーロッパ自体の景気は安定せずスイス時計産業は順調では無かった様だ。
パテックは既にニューヨークのティファニー等の取引先が有り、1849年にカリフォルニアで始まったゴールドラッシュに湧くアメリカへの長期単身出張に1854年11月中旬に出発した。翌年の4月頭にロンドンに戻るまで、彼はニューヨークを皮切りに東海岸と中東部の主要都市を精力的に訪れている。マサチューセッツではウォルサムの近代的な蒸気機関を動力源とした安価かつ大量生産される時計製造工場を視察し、高品質で美的かつ独自性を有する高級時計メーカーとして生き残る経営方針を確信している。市場調査と営業を目的とした出張だったが、盗難や移動中の事故などで相当に肉体的にも精神的にも非情にタフな旅で疲労困憊に陥っている。それでもこの大国には将来性があり、限られたアメリカンドリーマーが有する巨万の富の存在を知り、非常に有望で大事な高額品マーケットである事に気づいていた。
この悲惨な旅の経験にもかかわらず1858年には、さらに広範なヨーロッパ各地への長期出張を敢行し営業活動を行っている。アントワーヌ・ノルベール・ド・パテックは過酷なアメリカ出張で患ったひどいリウマチに悩まされながらも、常に新しいマーケットと顧客を渇望する熱心なビジネスマンだったようだ。

ビジネスパートナーのジャン・アドリアン・フィリップは、創造的時計師として様々な改良をアイデアし自身もしくは法人として数々の特許を登録した(1840年代後半~1880年代初頭)。
img20190914_18293620.png
また1860年代には永久カレンダー機構等を搭載したグランドコンプリケーションの生産も始まり、多くがアメリカ向けに出荷された。さらに1868年にハンガリーの貴族夫人の発注によってスイス製初の腕時計も作られている。
img20190914_18521359.png
そのころ事業は順調に伸びていたが、1872年にはアメリカの最重要顧客であったティファニーが、パテック社のお膝元であるジュネーブのコルナバン駅直近に米国流のハイテクな時計工場を建設した。しかし、この違和感のあると言わざるを得ない大胆な挑戦は4年で頓挫する。その跡片付けに関わったパテック フィリップ社には、その名残としてジュネーブ本店に当時の巨大な金庫が飾られている。そんな経緯が有りながらも両社のビジネス上の繋がりは強固で、特別なパートナーシップは今日も続いており、現在でも生産されているパテックとのダブルネームのタイムピースは、知る限りでティファニーだけしか無いはずだ。
自身の名前を冠したビジネスの名声を獲得する事に邁進した創業者アントワーヌ・ノルベール・ド・パテックは1877年にこの世を去る。しかし彼の息子レオン・ド・パテックは、パテックと言う姓の使用料を年収として受け取るのみで、同社の経営を引き継ぐ事は無かった。さらに17年後の1894年には、もう一人の創業者ジャン・アドリアン・フィリップが穏やかに永眠した。
このフィリップの晩年20年間にもパテック フィリップ社は様々な博覧会や万博に驚異的なタイムピースを出展し、その地位を不動の物とした。その一方でウォルサムを代表としたアメリカの安価で大量に生産される時計への対抗手段として、ジュネーブ天文台の計時精度コンクールが1873年から開催され、パテックは精度における圧倒的優位性を発揮し続けた。
geneveシール&十字_b.png
当時のもう一つの厄介な問題は、パテック フィリップの偽造品の横行であった。この対策の一つが1880年代の終わりにカラトラバ十字を商標登録する事であった。またジュネーブ州としても州内で製造され、新たに発足された検査機関で良好な品質基準を満たした時計にのみ、州の紋章刻印を許可する制度を敷いた。いわゆる「ジュネーブ・シール」の始まりである。

書きはじめは、もっと凝縮するつもりだったが、あらためてエピソードの多さを思い知らされた。創業期の"生み"の苦しみや、戦乱による不況にも何度も経営は揺さぶられている。1830年代からはイギリス以外の国々で産業革命が始まった時代背景にあり、近代的な大量生産に成功するアメリカが重要な市場になると同時に、競合として台頭してきたジレンマもあったようだ。普通この手のブランドストーリーは好調時(山)が主で、不遇時(谷)を従として綴られる事が多いが、この"正史"は苦境を主体に書かれている気がする。共同経営者の有り方にも赤裸々で歯に衣着せぬ表現が多々されており興味深い。ともあれ二人の創業者時代の後半生は、確固たる高級時計ブランドが確立され、良好な経営状況であった様だ。

文責:乾
参考・引用:PATEK PHILIPPE THE AUTHORIZED BIOGRAPHY パテック フィリップ正史(Nicholas Foulkes ニコラス フォークス)

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません


画像の中に見える文字を入力してください。

Pagetop

カサブランカ奈良

〒630-8013 奈良市三条大路1-1-90-101
営業時間 / AM11:00~PM8:00
定休日 / 水曜日・第一木曜日
TEL / 0742-32-5555
> ホームページ / http://www.tokeinara.com/

サイト内検索