日本の美しい着物でパテック フィリップやショパールの時計を表現出来たらいいね!で始めた商品紹介ブログ「着物でパテック フィリップ、ショパール」着物が仕事着の岡田です。
独断と偏見に満ち満ちたブログになるかも知れませんけれど、どうぞ宜しくお付き合いくださいませ。

本日の着物は...ブルーの結城紬に刺繍帯でカラトラバ4897G―001

DSCN3604修正.jpg
結城紬は「織の最高峰」と言われ、国の重要無形文化財として技術保存の指定を受け、真綿からつむいだ手つむぎの糸を地機(じばた)で織り上げる、長い工程すべてが手仕事による温もり溢れる織物です。
着こなすほどに(水をくぐるたびに)風合が良くなり、三代着て風合がでると言われています。親から子へ、子から孫へと受け継がれるだけの丈夫さ、染めの堅牢さ...なんだか似ていませんか?
想像もできないような匠の技が隠されている結城紬。纏う時の贅沢感は他では味わうことができません。様々なシーンで活躍する結城紬は、着物好きにとって中毒性の高い究極の織物...似ていませんか?
「贅沢ですが仕事着だからこそ最高のものを...」

吸い込まれそうになるくらい美しいギョシェ装飾を施したナイトブルーの文字盤、夜空の星を想わせる静謐なダイヤモンドの輝き、ホワイトゴールドの凛とした気品、優美なミッドナイトブルーサテンベルト、すべてが相まって得も言われぬ品格を醸し出す名品。
ありとあらゆるシーンに映えるカラトラバはとても重宝する時計です。パーティシーンは無論のこと、贅沢に普段使いで楽しんで頂きたいですね。
自他ともに誰もが「世界最高峰の時計」と認めるパテック フィリップ。
普段使いの出来る世界最高峰です。

4897G-001   価格3,230,000円(税別) 店頭在庫あります