着物でパテック フィリップ、ショパール

パテック フィリップ・ショパール正規取扱店「カサブランカ奈良」のブランド紹介ブログ

レディス ノーチラス  7018/1A‐011

雨に濡れて美しく咲き誇るはずの紫陽花が今年は向日葵に見えてしまうのは気のせい?
奈良は梅雨入りして雨が降ったのはたったの2日、佐保川の水位も下がり、所々、干上がっています。たくさん泳いでいた鯉はどこに行ったのでしょう...謎、謎。なぁ~んて書いていたらスコールのような雨が降り、この2~3日は梅雨らしい日々となっています。鯉も戻って来ているし...どこから?謎、謎。皆様の所はいかがですか?
雨の音を聞きながらお家でゴロゴロするのが大好きな岡田です。
独断と偏見de商品紹介ブログ「着物でパテック フィリップ.ショパール」本日もお付き合い宜しくお願い致します。

本日の着物...男物の単衣に麻八寸名古屋帯でノーチラス 7018/1A‐011

DSCN4030.JPG

男物を女仕立てにすると小粋でニュアンスのある着物となり、個人的には好きでよく纏います。これも祖父の着物を仕立て直したもの。
月の光に煌めくさざ波のような織。織の妙が生み出すマットな陰影はモノクロームに落とし込んだ静かな海、今までに目にしたことのない織の着物です。祖父の着物にはよくあるケース、紬など「この様な精緻なものは今では作る事が出来ません」とよく言われます。現在では織られていないのかも知れません(お分かりになる方がいらっしゃいましたら是非教えてください)
物が分からなくても祖父母の着物には絶大なる信頼を置いています。上質なものだけが醸し出す気品と風格。江戸の粋と京のはんなりの融合。上方独特のいぶし銀の粋があるのです。どんな席に出ても引けを取らない実力のある着物です。夏の海をデフォルメした麻の名古屋帯で涼やかな印象に...

1976年に誕生した「ノーチラス」は"ラグジュアリー.スポーッウオッチ"として圧倒的な人気を誇っています。伝統と革新の融合が生み出したマスターピース(傑作時計)は潜水艦ノーチラス号の舷窓をイメージした斬新なデザインが特徴。スポーティさとエレガントさを合わせ持ち、独特のオーラを放ち「カジュアル.エレガンスの極み」と言われています。

2009年、メンズスタイルを継承し待望の「レディス ノーチラス」がデビュー。
クールでエレガントな「レディス ノーチラス」は歴史と伝統を受け継いだ正統派だけが持つ独特のオーラを放ち、気品と華やぎに満ちた腕時計です。
ステンレススチールにベゼルダイヤ、グレイシュな文字盤の7018/1A-011はカジュアルにもゴージャスにもどんな席をも完璧を装います。
この絶大なる信頼はパテック フィリップだからこそ

レディス ノーチラス 7018/1A‐011 価格3,590,000円(税別)店頭在庫ご相談下さい



コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません


画像の中に見える文字を入力してください。

Pagetop