着物でパテック フィリップ、ショパール

パテック フィリップ・ショパール正規取扱店「カサブランカ奈良」のブランド紹介ブログ

ワールドタイム 7130G-014

つるべ落としの秋の夕暮れ、早くもお鍋の恋しい季節となりました
今年は10月の長雨や台風で紅葉もイマイチでしたし、木枯らしにあれよあれよと落ち葉が舞い、いきなり冬。皆様はいかがお過ごしでしょうか?
我が家の冬の定番鍋は、ホウレン草とお豆腐、豚バラ、生姜、ニンニクの常夜鍋。キノコと野菜たっぷりに、糸こんにゃく、鶏肉、セリを加えて味噌ベースのキノコ鍋。そして、ポン酢が決め手の豚しゃぶ。どれもヘルシーで美味しいですよ。日本酒がぐいぐい進むのが困りものですけれど...でも今夜は豚しゃぶで一献と決めた岡田です。
独断と偏見de商品紹介ブログ「着物でパテック フィリップ.ショパール」本日もお付き合い宜しくお願い致します

本日の着物...鉄紺(てっこん)の結城紬に花蔦(はなつた)の刺繍を施した帯でワールドタイム 7130G-014

DSCN4073.JPG
此のところの寒さに結城紬の登場です。空気をたくさん含むので温かくて、ふっくらと柔らかくとても心地の良い結城紬は一度着てしまうともう手放せなくなってしまいます。

日本最古の歴史を持つ織物は、奈良時代、常陸国の持参物として朝廷に上納された布(あしぎぬ)が紬の原型として奈良、正倉院に保管されているそうです。
行程のすべてを手作業で行う「平織」は御召地(おめしじ)風の「縮織」に比べ、作業も厳しいため、消滅するのではないかと憂慮され、昭和31年に結城紬は日本においてまれにみる古様を伝える織物であり、芸術的な価値が高く、かつ地方的な特徴が顕著として本場結城紬は「重要無形文化財」に指定されました。しかし、反物が高級化するなか、日本人の着物離れや後継者不足など、多くの問題要素を抱えているのも現状です。

本場結城紬は全工程を手作りすることで、絹の本質、真綿の特性を生かした織物で、多くの優れた特徴を有します。親から子へ、子から孫へと受け継がれる丈夫さ、染の堅牢さ、着こなすほどに(水をくぐるたびに)風合いが良くなり、時間の経過とともに美しさを増す織物です。三代着て風合いが出ると言われる結城紬は、肌に触れるだけで心身を和ませてくれます。
時代を超えて愛されてきた品質は、他とは一線を画し、贅沢感があり、纏う喜びに溢れます

後染めの結城紬に一つ紋(抱き冥加)で格を整え、花蔦の華やかな刺繍帯で..職人技と美意識の傑作ワールドタイム 7130G-014
7130G014.png
都市名と時刻表示という2重の回転リングにより、世界24都市の時刻を同時に知ることが出来るワールドタイムは1930年代に考案されました。この画期的で驚異的な時計をいち早く商品化したのがパテック フィリップです。
現在のモデルは10時位置のプッシュボタンでタイムゾーンの変更が瞬時に可能。その際も時計機構には全く影響を与えることがない、特許取得の画期的機構です。
ギョシェ装飾による芸術的な文字盤はパテック フィリップ が誇る「希少なハンドクラフト」。ギョシェ装飾は約200年前から続く伝統技術ですが、一時期消滅寸前に。現在では極わずかの専門職人のみに継承された装飾技術です。
(なんだかストーリーも似ていませんか?本場結城紬と...)


刺繍帯のような精緻で艶やかなワールドタイム 7130G-014は今年の新作です。
ブルーグレイの文字盤に施されたギョウシェ装飾のため息が出る程の美しさは、まさに芸術。世界を腕元に凝縮した時計は上質な輝きを放つダイヤモンドのベゼルで優しく包み込まれ、深みを称えたブルーグレイのベルトと相まってエレガント。
コンプリケーション(複雑機構)でありながら、操作性もシンプルなうえ視認性も高く、実用性と芸術性を兼ね備えたタイムピース(傑作時計)です。
パテックフィリップがもたらす纏う喜びを貴女に...

ワールドタイム 7130G-014   価格 5,560,000円(税抜) 店頭在庫ご相談下さい





コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません


画像の中に見える文字を入力してください。

Pagetop