着物でパテック フィリップ、ショパール

パテック フィリップ・ショパール正規取扱店「カサブランカ奈良」のブランド紹介ブログ

カラトラバ 4897R-001 晩秋の彩り

日本一のアートイベント『正倉院展』が始まりましたね。晩秋の奈良を彩る正倉院展は今年で70回目を迎えます。平成最後の開催となる本年は、1300年の時空を超え、象牙や螺鈿などの珍貴な素材を惜しげもなく使い、技術の粋を尽くした華麗な工芸品の数々を始め、麻を使用した宝物も多数出陳されます。麻と人間が織りなす文化史に思いを馳せながら至福の時をお過ごし下さい。
しかし、交通渋滞の凄いこと!車は前にも後ろにも進めませんし、駐車する場所もありませんので要注意。色づき始めた紅葉を愛でながら、歩いて行くのがベストです。
開催期間 10月27日(土)~11月12日(月)

仕事を終えての夜ヨガに切り替え、帰宅して吸収率抜群の状態で補給するアルコールと軽食で逆に太ってしまい、大いに反省。週2回の休肝日を決心した岡田です。(絶対1ヶ月で元に戻すzo!)
独断と偏見de商品紹介ブログ「着物でパテック フィリップ.ショパール」本日もお付き合い宜しくお願い致します

本日の着物...風船葛模様の訪問着に縄文模様の「組」袋帯でカラトラバ4897R-001

DSCN3727修正.jpg

控えめな絵柄の付け下げ訪問着は、格式があって華やか過ぎず、お茶会やパーティー、観劇などととても重宝します。この季節になると絶対纏いたくなる璃寛茶(りかんちゃ...やや緑ががった黄みの暗い茶色)に風船葛模様の付け下げ訪問着。
風船葛の繊細な草姿に紙風船のようにふくらんだ袋状の果実が風に揺れる姿は、愛らしくも優雅でなんとも風情があります。金彩と銀彩で描かれた風船葛が晩秋の彩りを添え、豊潤で温かみのある装いは、静かに暮れゆくこの季節にこそ映えます。


進化し続ける永遠のクラッシックと表現されるカラトラバ。パテック フィリップのスタイルを象徴するモデルです。究極のエレガンスを誇るカラトラバは、時を超越した完璧さと洗練された気品により、世代を超えて愛されてきました。カラトラバにはパテック フィリップの魅力が詰まっていると言っても過言ではありません。

カラトラバ4897R-001はシンプルでありながら非凡な美しさと品格をを兼ね備えた時計です。放射線状にギョシェ装飾を施したチョコレートブラウンの文字盤にローズゴールドのアローインデックス、細長くシャープな針は、まるで月光に放たれる一条の光明の如く、えも言われぬ美しさをたたえ、ベゼルを取り巻く極上のダイヤモンドの輝き、チョコレートブラウンのサテンベルトと相まって匂い立っような気品を授けてくれます。晩秋に彩りを添えて...

    カラトラバ4897R-001 店頭在庫有ります 

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません


画像の中に見える文字を入力してください。

Pagetop