ブライトリング日記

ブライトリング正規取扱店「カサブランカ奈良」のブランド紹介ブログ

シンプルかつエレガントなクロノグラフ

本日ご紹介する時計は「プレミエ B01 クロノグラフ 42」です。

プレミエの歴史は1940年代、ブライトリングの三代目経営者であったウィリー・ブライトリングの時代に遡ります。
当時はドイツ軍のポーランド侵攻に端を発した第二次世界大戦により、世界中が疲弊していました。ウィリー・ブライトリングは多くの人が戦争に怯え、恐れを忘れるために映画や音楽などの娯楽に酔いしれていることに気付き、映画や音楽の代わりにエレガントな腕時計が一役買えるのではないかと考えました。
1943年、ブライトリング初のエレガントウォッチとしてプレミエは誕生します。「日常の中のエレガンス」をテーマにデザインされたプレミエは、パイロットウォッチが主流であった当時において革新的なデザインが絶大な人気を博しました。

そして時を超え、現在のCEOであるジョージ・カーンによってプレミエは新たなラインナップとして現代に生まれ変わりました。

0F0CD67C-9CFA-49D6-BF42-114269F454BC

新生プレミエは1945年に発表された「Ref.777」と呼ばれるモデルからインスピレーションを強く受けており、このモデルに使用されていたミネラルガラス風防の趣を、ボックス型にしたサファイヤクリスタルガラスで再現。ぷっくりとしたボックス型のガラス風防がモデル全体の雰囲気を柔らかい印象に仕上げています。

ボックス型のガラスゆえに横から見るとやや厚みがあるように見えますが、ケースサイドに3本のラインを彫り込むことで視覚的に厚さを感じにくくさせるとともに、現代的でスポーティな要素を取り入れています。

8E4B3F41-E5AD-4C19-B2A6-AF5545E36711

独特の丸みを帯びたケースラグ、手巻き時計を想起させる大振りなリューズなど当時のデザインが随所に取り入れられています。

1258F80A-8F0A-4D94-9E71-E544436B94BA

ツーカウンターのクロノグラフも踏襲されており、3時位置はクロノグラフの30分積算計、9時位置は時計の秒針となります。
細身でペンシル型の時分針には夜光塗料が塗布されていますが、クラシカルな雰囲気を高めるためインデックスには敢えて塗布されていません。

ダイヤルにはシルバーを配色してプレミエが持つエレガントな美しさを引き立てながら、インダイヤルにブラックを配色することで、はっきりとしたコントラストが目を惹くモデルに仕上がっています。モノトーンカラーですので服の色味を気にせず幅広いコーディネートでお使い頂けます。

DF59A1D5-F1B8-49EB-B37E-94A04B529B49

搭載されているムーブメントはブライトリング自社開発・製造のキャリバー01。2009年に発表されたこのムーブメントは5年間のメーカー保証、70時間のパワーリザーブ、日付の早送り禁止時間帯が無いカレンダー機構を持ち、機械式時計初心者にも使いやすく設計されたムーブメントです。

734DEE18-20C2-4F88-ADBB-50BBD6E47B8.jpeg

プレミエ B01 クロノグラフ 42
品番:AB0118221G1P1

ムーブメント:ブライトリング 01(自社開発・製造)
パワーリザーブ:約70時間
素材:ステンレススチール
ケースサイズ:42mm
防水:100m
メーカー国際保証期間:5年
価格:1,001,000円(税込)

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません


画像の中に見える文字を入力してください。

Pagetop