ブライトリング日記

ブライトリング正規取扱店「カサブランカ奈良」のブランド紹介ブログ

ブライトリングらしくない?クラシカルウォッチ

本日ご紹介するモデルは「プレミエ オートマチック 40」です。

553DCFB2.png

ブライトリングといえばパイロット向けの機械式腕時計を製造するブランドで、スポーティでタフな時計というイメージを持たれている方が多いと思います。そんなイメージから遠く離れた都会的なエレガントさを持つプレミエ。いつどのように誕生したのか、その歴史を振り返ってみましょう。

1939年にドイツ軍のポーランド侵攻に始まったヨーロッパ戦線は、1941年の太平洋戦争開戦によって世界に拡大します。永世中立国であるスイスから、英国空軍にコックピット・クロックを納入していたブライトリングの3代目経営者ウィリー・ブライトリングは、持ち前の強い感性で人々の渇望を感じ取っていました。映画や大衆音楽の黄金期でもあったこの時代、人々は「市民ケーン」(1941年)、「打撃王」(1942年)、「カサブランカ」(1943年)などの映画に束の間の安息を求め、フランク・シナトラやピンク・クロスピーが歌うバラード、ビリー・ホリデイのジャズに酔いしれ、戦争の恐ろしさをしばし忘れました。ウィリーはそんな映画や音楽の代わりを、エレガントな腕時計が果たせるのではないかと考えます。

当時のスローガンだった「プロのための計器」の名にふさわしい高機能モデルによって自らの使命を果たしつつ、ブライトリングは目の肥えたスタイリッシュで都会的な顧客のために、クラシックでエレガントな腕時計の開発に注力します。それまでのプロフェッショナル用の計器を範としたクロノグラフとは異なるコンセプトで、しかしディテールを徹底的に作り込むやり方は従来の手法を踏襲しました。そして1943年、ブライトリングは自社初となるエレガントウォッチを完成させ、フランス語で「最初」を意味するプレミエと名付けました。

15a_dsc03602.png

ゴールドケース仕様もラインナップし、ダイヤルには「PREMIER」と製品名をあしらった最初のブライトリング製品であったことからも、ウィリーの自信のほどがうかがえます。時代の空気に応え、穏やかで優雅な日常を感じさせるプレミエは大成功を収めましたが、その後なぜ歴史に埋沈してしまったのでしょうか。

その原因はクオーツショックにあります。1969年に発表された世界初のクオーツウォッチは従来の機械式時計と比べてケタ違いの精度を持ち、発売当初こそ高額な製品でしたが度重なる量産技術の革新により価格が急激にダウンしていきます。クオーツウォッチは瞬く間に世界を席巻し、スイス時計産業は壊滅状態に陥りました。独立経営を保ったまま生き残るため、ブライトリングはラインアップを絞り込み、限られた市場で独自の道を進む決意をします。すでに世界的な名声を獲得していたパイロットウォッチやプロフェッショナル用の計器という強みを最大限に活かし、その過程で1940年代から製造していたプレミエをはじめとするクラシックでエレガントなラインアップは生産中止せざるを得なくなったのです。

そして時を超え、現在のCEOであるジョージ・カーンによってプレミエは新たなラインナップとして現代に生まれ変わりました。

新生プレミエは1945年に発表された「Ref.777」と呼ばれるモデルからインスピレーションを強く受けています。このモデルに使用されていたミネラルガラス風防の趣を、ボックス型のサファイヤクリスタルガラスで再現。ぷっくりとしたボックス型のガラス風防がモデル全体の雰囲気を柔らかい印象に仕上げています。ガラスには両面無反射コーティングが施されており、どの角度からでもダイヤルが見やすく、時間を読み取りやすくなっています。

ボックス型のガラスゆえに横から見るとやや厚みがあるように見えますが、ケースサイドに3本のラインを彫り込むことで視覚的に厚さを感じにくくさせるとともに、現代的でスポーティな要素も取り入れています。

ケースサイズはブライトリングの中では比較的小振りな40mmですので、袖口への収まりもよくスーツとの相性も抜群、手首周りが細い方でも着用しやすいサイズです。

CF1D3842.png

1940年代当時の主流であったスモールセコンドを再現しており、6時位置のインダイヤルが秒針の役割を果たします。ブライトリングの現ラインナップ中、唯一の3針スモールセコンドモデルとなります。さらに数少ないカレンダーなしのモデルですので、日付を合わせるのが面倒に感じられる方にもおすすめです。

深みのあるブルーダイヤルはサンレイ仕上げとなっており、光の加減によって色味や質感が全く違って見えます。サンレイ(Sunray)は英語で「太陽光線」を意味し、細かな線が放射状に広がる紋様が特徴です。文字盤を回転させながら上から金属製ブラシと研磨剤で磨きを入れて直線を描いており、筋目が細かいほど美しく見えますが、その分高い技術を要します

ホワイトの分目盛りで囲まれたインダイヤルには、スネイル仕上げが施されています。スネイル(Snail)は英語で「カタツムリ」や「巻貝」を意味し、その名の通り同心円状に何重にも彫られた細かい円形の紋様を刻む仕上げで、インダイヤルに施されることが多い装飾技法です。

細身でペンシル型の時分針には夜光塗料が塗布されていますが、クラシカルな雰囲気を高めるためインデックスには敢えて塗布されていません。秒針の先端には赤い塗装が施されており、さりげないアクセントとして読み取りやすさにも寄与しています。

ロゴはウイングロゴではありませんが、クラシカルでエレガントな本モデルにはゴールドの筆記体でデザインされた「B」ロゴがよく似合っています。

DF904E00.png

ベルトはダイヤルカラーと同系色のネイビークロコレザーストラップ。クロコは高級感があるだけでなく、カーフに比べ硬くて傷がつきにくいというメリットもあります。

バックルは昔ながらの?穴留め式ですので、自分の手でレザーストラップを引っ張り穴に通して身に着けるクラシックスタイルです。折り畳み式のバックルに比べて手間や落下のリスクは増えますが、手首のラインに合わせてフィットし丸みのある形状になりますので装着感は良好です。

F4950DA6.png

搭載されているムーブメントは「ブライトリング 37」。スイスが誇る業界最大手のムーブメントメーカーETA社を代表する3針自動巻ムーブメントがベースとなっています。このムーブメントは自動巻としては厚みが薄く、さまざまなデザインの時計に採用されており、数多く長く作り続けられている信頼性の高い万能機です。さらに精度を向上させるためブライトリングが独自の改良を施し、COSC(スイス公認クロノメーター検査協会)の認定を受けた実用性の高いムーブメントですので末永く日常的にお使い頂けます。

プレミエ オートマチック 40
品番:A377C-1WAA
ムーブメント:ブライトリング 37(自動巻)
パワーリザーブ:約38時間
素材:ステンレススチール
ケースサイズ:40mm
防水:100m
メーカー国際保証期間:2年
価格:484,000円(税込)

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません


画像の中に見える文字を入力してください。

Pagetop