パテック フィリップに夢中

パテック フィリップ正規取扱店「カサブランカ奈良」のブランド紹介ブログ

5130J-001現代ワールドタイム第二世代

_DSC6689.jpg

パテック フィリップを代表する複雑機能は何か?これが多すぎて絞りようが無い。無理やり選べばミニット・リピーターと永久カレンダーが代表なんだろうが、今回のワールドタイムもどうしてどうして相当な物であり侮れない。もちろんクロノグラフも・・やっぱり全部か!

ジュネーブの時計師ルイ・コティエ氏開発による時分針リューズと24時間ディスクの連動操作システムを搭載して1930年代後半には製造が開始されたワールドタイム。都市名(シティ)ディスクについては、当初のグリニッジ標準時固定タイプから始まって、手動で回す回転ベゼル式に移行。さらに1950年代には9時位置に設けた第2リューズでシティディスクをインナーベゼルとして回転操作するように進化した。と、ここまでの記載は多々あるが、話はいきなり1999年の特許取得にジャンプする。この50年代後半から2000年までの40年間、ワールドタイムはまるで冬眠状態。画像も記述も何にも出てこない。ただ当時の初期型ワールドタイムのアンティークピース人気は凄いようだ。何度も腕時計オークションのレコードを書き換えている。
中断の歴史は追々探すとして、2000年発表の新生ワールドタイム5110の画期的な特許技術をPP公式HPより拾って整理してみた。
ワールドタイムの技術革新は3段階。まずホップとして前述のようにルイ・コティエ(1894-1966)の1930年代の発明(時分針リューズと24時間ディスクの連動操作システム)、次のステップが1959年にコティエがパテックの為に開発した特許(9時側の上下2つのプッシャーによって分秒針に影響を与えずに時針のみを12ステップで回転)、さらにジャンプは40年後パテック技術陣がなしとげた1999年の凄い特許(たった一つのプッシャー操作で同時に時針、シティディスク、24時間ディスク、これら全ての表示変更を分秒針に影響を与えることなく12ステップ回転で実現)

で、実際にこのシステムを実機で見てみる。画像左側の東京は17時32分で、シティディスク上のTOKYOが12時位置にある。その真下の24時間ディスクは17時半ごろであって、決して5時半で無いとわかる。ちなみにシティディスク7時ごろにあるLONDONの24時間ディスクは8時半ごろなので、現地は午前8時32分と読める。(なぜロンドン?単純にラグビーWC感激のなせるところ・・)
11時位置のプッシャー操作でロンドン仕様に変更。ワンプッシュで時針は1時間進み、同時にシティディスクと24時間ディスクは1時間反時計に回るので、これを15回繰り返すと右側の状態になってシティディスクの12時はLONDONになり、真下の24時間ディスクは8時半ごろ、時分針は8時32分。
ロンドンは東京より9時間遅れなので時針を9時間分を反時計に回転させたいが、時計回り一方向に進むプッシャーひとつきりなので15時間進めて結果(24ー15=)9時間分の時差を作った事となる。コティエの1959年特許の応用で2ボタン化して両方向へのステップ回転、さらにカレンダー搭載と出来そうだが・・何も考えずにひたすら押してシティディスクの目的都市を12時に合わせるだけというシンプルな使い勝手を優先させたのだろう。やはりパテックはコンプリケーションカテゴリーではどこまでも実用性重視のようだ。
5130J_worldtime_02.jpg
ちなみにサマータイムはどうするか。画像左は先程の朝8時32分ロンドンである。ごく普通にリューズ操作で時計を1時間進めると24時間ディスクのみ連動して1時間反時計回りに回転し、シティディスクのLONDONの真下が9時半ごろに変更される。ただしサマータイムの無い東京は1時間進んだ18時半ごろと表示される。これだけは仕方がない。
5130J_worldtime_st.jpg
さて現行の5130は2006年に5110からサイズ等のマイナーチェンジを受けたものである。個人的には文字盤に情報がテンコ盛りなので2.5mmのサイズアップは歓迎だし、1930年代のオリジナルに似た地球イメージの時針になって格段に視認性が良くなったと思う。ベースキャリバーが極薄型自動巻240なので、ケース厚9.6mmとパテックらしい薄さも際立つ。サファイアクリスタルのケースバックはスナッチ(こじ開け)ではなくスクリュー(ねじ込み)だ。この開閉仕様の使い分け基準が、いまだに良くわからない。
_DSC6693.jpg昨年発表された175周年記念限定モデルにはワールドタイムが2型あって、その合計製造数は1,750個となっている。結構な数を来年1月末までに製造納品と聞いている。ベースムーブメントはレギュラーモデルと同じ240 HUなので今年は極端に定番ワールドタイムの入荷が悪い。同様のことは1,600個の限定クロノグラフモデルに投入されるキャリバーCH28-520 Cで割を食う定番自動巻クロノグラフモデルにもいえるのだが・・

Ref.5130J-001
ケース径:39.5mm ケース厚:9.6mm ラグ×美錠幅:21×16mm 
防水:3気圧
ケースバリエーション:YGの他にPT,RG,WG 
文字盤:ギヨーシェ シルバーリィ サンバースト ゴールド植字インデックス
ストラップ:マット(艶無)チョコレートアリゲーター
価格:税別 4,740,000円(税込 5,119,200円)2015年7月現在

Caliber 240 HU

直径:27.5mm 厚み:3.88mm 部品点数:239個 石数:33個 
パワーリザーブ:最低48時間
テンプ:ジャイロマックス 髭ゼンマイ:Spiromax®(Silinvar®製)
振動数:21,600振動 
ローター:22金マイクロローター反時計廻り片方向巻上(裏蓋側より)
尚、スピロマックス等のパテック フィリップの革新的素材についてはコチラから

税別 4,740,000円(税込 5,119,200円)2015年7月現在
税別 4,600,000円(税込 4,968,000円)2016年11月改定(流通残在庫)

PATEK PHILIPPE 公式ページ

2016年2月19日現在
5130J-001 完売しました。5130全素材2016年生産中止決定、手配困難ですがお問合せ下さい。





コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません


画像の中に見える文字を入力してください。

Pagetop

カサブランカ奈良

〒630-8013 奈良市三条大路1-1-90-101
営業時間 / AM11:00~PM8:00
定休日 / 水曜日・第一木曜日
TEL / 0742-32-5555
> ホームページ / http://www.tokeinara.com/

サイト内検索