パテック フィリップに夢中

パテック フィリップ正規取扱店「カサブランカ奈良」のブランド紹介ブログ

5711/1A-011ノーチラスSS白 判官びいき?

これほどダイアルカラーで人気度合が異なる時計は初めてだ。
ノーチラスステンレス3針カレンダー5711/1Aは2006年フルモデルチェンジで誕生したのだが、過去Ref.に遡ってそれぞれの色目の初出は何時か?これが何をどう見てもサッパリわからない。過去の資料に記載されている画像はことごとく青(青黒)または一部黒文字盤と濃色一辺倒だ。ひょっとして文字盤カラーを表す枝番011から図って、2006年フルモデルチェンジデビューの5711/1A-001が後年ブレスの仕様変更(駒ネジ→ピン)で010になった際に追加カラーとして淡色として初お目見えと推測した。確認の為に関係各方面問合せの結果、答えは大外れであった。

順を追ってゆくとまずRef.5711/1Aは2006年にノーチラス誕生30周年記念フルモデルチェンジのベーシック3針モデルとして、人気実績のある青黒(枝番001)のみで発表された。
しばらくして枝番チェンジ無しでブレス駒連結方式が駒ネジからピン仕様に経過変更(ランニングチェンジ)された。そして2010年春に文字盤の厚み変更(厚くなった)にともない枝番が010へ変更された。相前後してエンボス横縞パターンも微妙に経過変更された。
見かけ変更なしで枝番が変わり、見た目変わっっても枝番いじらずか・・まぁ 謎めいている方が時計も女性も魅力的ということで・・
話が脱線している。結局枝番011のシルバリィホワイトは2012年単純に追加カラーとして発表されていた。ではそれより過去の淡色モデルはあったのか?アッサリと答えが得られ
「例えば1980年代の第2世代のRef.3800/1A-011とか"枝番011"で普通にありました」
なんかだかナァ・・完全に拍子抜け状態・・何のサプライズもなし!

さほどにこのホワイトダイアルの情報は希薄だ。兄貴分の青黒があまりにも語られ過ぎ、ファンを超えた病的?なストーカー(失礼)まで多々いらっしゃるというのに何という格差だろう。依怙贔屓もここまでくると判官びいきしたくなる。で、まずは撮ってみました。
_DSC7716修正.jpg
全国PP正規店29店舗(2016/5/29時点)に青黒は毎年最低1本は入荷している気がするが、白はどうなんだろうか。明らかに青黒との人気度合が違い過ぎて生産数量も絶対に差が有って、極端に入荷数が少ないはずだ。当店にとっても大変貴重な撮影チャンスである。
青黒とは随分と印象が違う。スーパールミノバが塗布された時分針とアワーマーカーの外周部が黒に近い濃紺に塗装(恐らくラッカー)されている。その部分と文字盤が強烈なコントラストを生むため視認性が恐ろしく良い。

兄貴分ブルーブラックの魔性の気配すら漂う文字盤の豊か過ぎる表情変化については近々ノーチラス年次カレンダーRef.5726紹介内で書くつもりだが、この色違い兄弟の決定的な違いは単純なる色違いという事ではなく、おもてうらの無い竹を割ったようなうぶな少年が弟の白、酸いも甘いも知り尽くし様々な顔を併せ持つ渋さが滲む兄貴が青黒。
ただ上の画像ではわからないが、この白は単純な白ではなくパールホワイトと表現したい高級感が漂っている。また横ボーダー柄のエンボスも青黒に比べ陰影が弱めになるためか、細目の横線が単純に等間隔で走っている印象(上画像参照)を受ける。この点もあくまで好みの問題なのだが、それよりも個人的には、色目の違いだけで此処まで印象ががらりと変わることに驚愕している。
並べて比べてみるとこれは全く別の時計にしか見えない。良くも悪くもノーチラスらしくないし、左右の腕に巻き較べれば(あァ~贅沢に懺悔多々)明らかにホワイトが膨張色効果でデカく見えて、どうもジェンタのおつゆ(遺伝子)たっぷりの別モデルに錯覚しそうにすら思えてくる。
事実とある顧客様の言葉として「ひょっとしたらホワイトは、見た人がノーチラスと思わないのではないか?」
それくらいに違うのだ。もし個人的に着用するなら元々図体がデカいし、お客様始め周りや同業者・社員の目を指す青黒010はチョッと・・となってホワイト011の選択しかない。どうしても青黒となれば、ウーンこの手しかないナァ
それにしても、たった一つの染色体の違いで運命が大きく分かれた色白で見かけ大柄やけど爽やかあふれる弟も俺は好きだなァ
そこまで見かけ違えどももちろん同じRef.なので、ご興味あれば詳細はコチラの青黒記事でご確認ください。

Ref.5711/1A-011
ケース径:40.0mm(10時ー4時方向) ケース厚:8.3mm
防水:12気圧
ケースバリエーション:SS(別文字盤有)の他にRG 
文字盤:シルバリィホワイト 夜光付ゴールド植字インデックス
価格:税別 2,790,000円(税込 3,013,200円)2015年7月現在

ブレスタイプの裏蓋は本当に撮り辛い。出来れば避けたいのでレディスノーチラスRef.7118/1Aの画像流用の予定だったが上述にて見た目が違い過ぎる為これより撮り下ろしマス。(010記事転載、画像とも)
_DSC7592.jpg
Caliber 324 S C/386)
直径:27.0mm 厚み:3.3mm 部品点数:213個 石数:29個 受け:6枚
パワーリザーブ:最低35時間~最大45時間
テンプ:ジャイロマックス 髭ゼンマイ:Spiromax®(Silinvar®製)
振動数:28,800振動
ローター:21金ローター反時計廻り片方向巻上(裏蓋側より)
尚、スピロマックス等のパテック フィリップの革新的素材についてはコチラから

PATEK PHILIPPE 公式ページ

文責:乾

2016年5月30日現在
5711/1A-011SS白 店頭在庫有ります
5711/1A-010SS青 店頭で順番無関係のご登録のみです。ご予約はご容赦ください。
5711/1R-001RGブレス お問い合わせください
(パテック フィリップ在庫管理担当 岡田)

『第一回パテック フィリップ展』のご案内
だいぶ先になりますが今夏のお盆真最中8月11日(木・山の日)~15日(月)に当店初の『パテック フィリップ展』を実施いたします。カサブランカ流の"何か"が違う展示会イベントに出来ないかと日々無い知恵をしぼっております。是非ご期待下さい。詳細等が詰まりましたら順次ご案内申し上げます。

※案内状のご希望がございましたら、コチラからお問合せ下さい。

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません


画像の中に見える文字を入力してください。

Pagetop

カサブランカ奈良

〒630-8013 奈良市三条大路1-1-90-101
営業時間 / AM11:00~PM8:00
定休日 / 水曜日・第一木曜日
TEL / 0742-32-5555
> ホームページ / http://www.tokeinara.com/

サイト内検索