日々腕時計

正規腕時計販売店「カサブランカ奈良」スタッフIの商品紹介ブログ

グランドセイコーの新型ムーブメントについて(スプリングドライブ編)

みなさんこんにちは!!!

前回に引き続きグランドセイコーの新しいムーブメントについてとなります!!

今回はこの春はハイビートムーブ「9SA5」と同時に発表されたスプリングドライブ「9RA5」についてです!!

こちらは、60周年限定で発売される「SLGA001」600mプロフェッショナルダイバーモデルに搭載されるムーブメントになり、最大の特徴は既存の9R系のパワーリザーブ約72時間(3日巻)を約120時間(5日巻)としたことでしょう!!

sd_img02.jpgのサムネイル画像

旧来の「9R」ムーブメントが約72時間の3日巻でしたので、新機構「デュアルサイズバレル」という大小2サイズの香箱を搭載したツインバレル機構とすることで実現しております。それに加えて本来ならば大きく厚くなっても不思議ではないのですが、従来から採用されていたセイコーオリジナルの巻き上げ機構「マジックレバー」を改良し、従来は巻き上げ効率を高めるためムーブメントの中心近くに位置していたこの機構を、中心位置からオフセットすることで、薄型化を実現しています。また、部品加工精度の向上により、巻き上げ効率を落とすことのない、新構造を採用しています。

sd01_1.jpg


薄型化を図る一方で、堅牢性を確保するため、歯車の輪列をムーブメントの中心近くに展開し、その上から一枚の板で多くの軸を支える「ワンピースセンターブリッジ」などにより、ダイバーズウオッチ規格に耐える、耐衝撃性を獲得しています。

sd01_2.jpg

この新しいムーブメントの改良はパワーリザーブだけではありません。これまで優れた水晶振動子を選別することで、月差±15秒を標準スペックとしていたスプリングドライブですが、さらなる高精度化を図るために年差クオーツムーブメント「9F」にはすでに採用されていた温度センサーを搭載しIC回路を新型としています。

いままでも一定の電圧をかけて人為的に経年変化を与える3ヶ月間の「エージング工程」を経て、性能が安定した水晶振動子のみを選別して搭載していましたが、さらに、そのICと水晶振動子を1つの真空パッケージに封入する「パッケージIC」と呼ばれる新構造を採用!!これにより、ICに搭載した温度センサーと水晶振動子との距離を極限まで近づけ、温度差を軽減することで温度補正精度を向上させることができます。さらに真空パッケージ内に封入することで、湿度変化に対しても安定した精度を実現しています。

これらの新機構を取り入れ、月差で±10秒とさらなる高精度を実現しています。

main_img.jpg

これらの新機構満載で精度を向上させた「9SA5」を搭載したスポーツコレクショングランドセイコー60周年記念限定モデルスプリングドライブ 5 Days
SLGA001」は8月発売予定ですが、入荷本数等未定ですので詳細がわかりしだい続報をお伝えしたいと思っております。

sd_img01.jpg

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません


画像の中に見える文字を入力してください。

Pagetop

カサブランカ奈良

〒630-8013 奈良市三条大路1-1-90-101
営業時間 / AM11:00~PM8:00
定休日 / 水曜日・第一木曜日
TEL / 0742-32-5555
ホームページ / http://www.tokeinara.com/

サイト内検索