日々腕時計

正規腕時計販売店「カサブランカ奈良」スタッフIの商品紹介ブログ

ボールウォッチ トレインマスター「クリーブランド エクスプレス」!!

みなさんこんにちは!!

今回は紹介してたと思って、実は紹介できてなかったボールウォッチの「クリーブランド エクスプレス」をご紹介したいと思います。ボールウォッチには複数のシリーズがありますが、クリーブランド エクスプレスはその中でもボールウォッチの歴史に深く関係するトレインマスターシリーズのモデルとなります!!

NM1058D_mirror.jpg

初めにこの時計の名前になっている「クリーブランド エクスプレス」とは1900年代にボールウォッチの本社があったアメリカ・オハイオ州クリーブランドとニューヨーク間を結んでいたニューヨーク・セントラル鉄道で実際に走行していた特急列車の名前に由来しています。そう、ボールウォッチの生まれ故郷は1800年代後期のアメリカなんですよ!!

話はそれちゃいますが、今はほとんどないメイドインUSAの時計・・・当時は多くのブランドがありました。今では拠点をスイスに移して再興したりしてますね・・・ハミルトン、ウォルサムなど聞いたことがあるのでは??最近ではルミノックスなんかもアメリカ発のブランドですね・・・。

話は戻りますが・・・1800年代後期から1900年代初頭のアメリカの鉄道では重大な事故が度々起こっていました。そんな重大な事故をなくすために、創業者ウェブスター・クレイ・ボール氏は事故を調査しその原因の一つが精度不良の時計にあることを突き止めます。その原因は元々の精度調整基準のゆるさや使用環境に対しての耐久性の不足・・・それらを当時のアメリカの時計メーカーであるハミルトン、ウォルサム、エルジンなどに働きかけて改善に努め、いろいろな規定(精度や耐久性の面について)を定めそれに合わせた時計を販売したのです。当時の懐中時計に刻まれている「ボール・スタンダード」は「あらゆる過酷な環境の下で正確に時を告げる」ことでした。。。それが現在のボールウォッチ「正確でタフ」な時計という部分につながってるんですね・・・。

WEBB_C_BALL.jpg
ウェブスター・クレイ・ボール氏

711m.jpg
1900年代初頭の懐中時計

文字盤のデザインは1930年頃にボールウォッチから発売された8日間連続駆動するムーブメントを搭載した卓上時計がモチーフの非常にクラシカルなデザインですね。。。※下記の画像は当時の卓上時計

ちなみにクリーブランド エクスプレスのムーブメントはスイスCOSCクロノメーター認定の高精度ムーブメントを搭載して抜かりなしです!!

TM_CE_antique_1.jpg


実はこのモデル、すでにカタログからは落ちていて市場の在庫は少なくなっていると思われます。。。

NM1058D-LCJ-SL.jpgNM1058D-LCJ-BE.jpgNM1058D_SCJ-GY.jpg

文字盤カラーはシルバー、ブルー、グレイの3色となっております!!

20200830_124632.jpg

店頭に3色揃っております!!!ちょっとクラシカルな時計を探していたというお客様はぜひぜひご来店ください!!!



ボールウォッチ トレインマスター

クリーブランド エクスプレス

価格  231,000円+税 (クロコダイルストラップ)
    224,000円+税 (ステンレスブレスレット)

スペック

ムーブメント

自動巻(BALLキャリバー RR1102-C)
スイスCOSC認定クロノメーター

機能

時、分、秒針、日付表示
針と文字盤に15個の自発光マイクロ·ガスライト

耐衝撃性

5,000Gs

防水性

50m防水

ケース

ステンレス・スチール製(直径41mm、厚さ12.5mm)
反射防止済サファイアガラス
シースルーバック(サファイアガラス)
ねじ込み式リューズ

バンド

ステンレス・スチール製 ブレスレット、またはクロコダイル・レザーストラップ

コメントする

※ コメントは認証されるまで公開されません。ご了承くださいませ。

公開されません


画像の中に見える文字を入力してください。

Pagetop

カサブランカ奈良

〒630-8013 奈良市三条大路1-1-90-101
営業時間 / AM11:00~PM8:00
定休日 / 水曜日・第一木曜日
TEL / 0742-32-5555
ホームページ / http://www.tokeinara.com/

サイト内検索